doctor monologue

百日紅

sarosuberi.JPG
金沢たまごクリニックの玄関前駐車スペースの端に、百日紅の樹があります。夏場の暑い時期に、2か月以上ピンクの花を咲かせる樹です。今年も猛暑に負けずがんばっています。幹の樹皮がはがれてスベスベになるため、猿が登ろうとしてもすべってしまいそうで「サルスベリ」とも言われています。(実際には、猿は簡単に登れるそうですが----)
今まであまり意識していなかったのですが、金沢市内の街路樹に結構植えられています。

Tamago Clinic

成熟卵胞の大きさ

folliclegrowth.jpg

shinemascat.JPG

体外受精をする際、成熟卵子を採取することが大前提となります。そのため、外来診療で卵胞発育を血中のホルモン値や超音波検査で監視していきます。卵胞(卵子が入っている袋)が成熟するとその直径は約20mm、血中エストラジオールは卵胞1個あたり200から300pg/mlに達します。「卵胞の大きさを葡萄でいうと、50%ほど育った卵胞はデラウェアくらいで、成熟卵胞は巨峰かマスカットくらいになります。」と、私は外来でよく例え話をします。
最近、シャインマスカットという新しい品種が注目されているようです。糖度が20度以上で皮ごと食べれて、種もありません。葡萄は種がない方が食べやすくていいのですが、本当の卵胞の中には良好卵子が入っていないと困ります。ホルモン値が正常でも、時々卵子が消失してしまった「empty follicle」が発育して採卵時に卵子が回収できないこともあります。


Tamago Clinic

石亭の流しそうめん

sekitei1.JPG

sekitei2.JPG

今年の夏は猛暑ですね。まだ7月なのに、8月の半ばまで過ぎたように感じます。暑い時はそうめんもいいですね。金沢たまごクリニックから歩いて数分のところに老舗「石亭」があり、お昼は中庭で流しそうめんを楽しめます。1グループ限定予約不可ですが、格安なのでタイミングがよければぜひ試す価値はあると思います。




Tamago Clinic

犀川大橋

sairiver.JPG

一昨日、恵愛会(恵愛病院、松南病院)の諸先生方と、「たけし」で会食しました。指定場所まで犀川の川縁を歩き下流側から日没前の犀川大橋を見ると、東の空に月も出ており風情がありました。「たけし」は、オープンして11年になるそうです。とてもユニークで愛嬌たっぷりの店主は粟津温泉「のとや」の「おじま」で、料理も工夫されています。

takeshi1.JPG

会食しながらの雑談は、産婦人科診療の現状やいろいろな苦労話も聞けて、とても有意義で楽しい時間でした。

Tamago Clinic

梅雨明け

nyuudougumo.JPG

北陸地方は、昨日7月17日に例年より早く梅雨明けしました。写真は昨日の夕方、東の空にできた西日のさした入道雲です。最近地球の天候が狂い始めているようですが、日本の美しい四季がこれからも維持できるといいですね。夏は夏らしく、蝉しぐれ、海水浴、スイカ、花火など楽しいことがいっぱいあってほしいと思いますが、治療でがんばっているみなさん、夏バテや熱中症に気をつけてくださいね。

Tamago Clinic

doctor monologue

アーカイブ

金沢たまごクリニック
TEL 076-237-3300
(完全予約制)