labo report

たまごの凍結保存 (2)

ガラス化凍結法では、写真のような、「クライオトップ」といわれる耳かき状のプラスチックの特殊な棒の先端部に、胚を貼付ける様にのせて保存しています。
最近の体外受精は、mild ART が key word です。HMG や FSH 製剤を多用する強力な排卵誘発は避けて、自然周期や clomiphene によるやさしい排卵誘発が主体になっていますから、昔に比べて採卵される卵子の数は激減しています。 それでも、数個は採取され、単一胚移植の後に余剰胚が生じることがしばしばあります。この余剰胚を凍結保存しておけば、採卵周期に妊娠できなかった場合でも、次周期に採卵しないで凍結胚を融解し再度移植の機会を得る事が可能になります。また、妊娠、出産できた場合にも、余剰胚を凍結保存しておくことで、二人目、三人目の治療に使用することが可能となります。

P1000008.jpg

Tamago Clinic

胚移植の2つのルート

胚の移植方法には、カテーテルの通るルートにより、経子宮頚管法(上図)と経子宮筋層法(下図)の2種類があります。

当院では基本的に経子宮頚管法を行っています。「胚移植」の記事でもふれていますが、この方法では、胚を吸引した細いカテーテルを子宮の入り口(外子宮口)から挿入し、子宮の奥に注入します。採卵と異なり、針は使用しないので、痛みはほとんどありません。

経子宮筋層法では、筋層を経て子宮内膜まで特殊なガイド針を刺入し、そのガイド針の中へカテーテルを挿入して子宮の中に胚を注入します。子宮頚管内にポリープがあったり、頚管の屈曲が強くて経子宮頚管法ではカテーテルが挿入できない症例でも移植が可能です。19年前に、永遠幸マタニティクリニック(現永遠幸レディスクリニック)で開発された方法で、「TOWAKO法」といわれています。 

etet1.JPGetet2.JPG

Tamago Clinic

胚移植

「胚移植」とは、採卵で卵巣から取り出した卵子に精子を与えて受精させ、細胞分裂した分割卵(胚)、あるいはもう少し発育の進んだ胚盤胞を子宮の中に戻してあげることです。胚移植の方法を説明します。胚は酸素によるストレスを受けやすいのですべての操作は培養液中に入れたまま行います。また、胚はとても小さくデリケートで、どんな小さなピンセットでつまんでも人の握力では押しつぶしてしまうため、シリコン製のやわらかいチューブで少量の培養液と一緒に吸い上げて運んでいます。 


 isyoku.JPG


このチューブはとても柔らかいので、そのままでは曲がってしまい子宮の奥まで入れることができません。そのため予め少し硬さのあるガイドカテーテルと呼ばれるストローのようなもの(下の写真の白い棒状のもの)を子宮の入り口(頚管)に挿入して通り道を確保します。このガイドカテーテルもかなり細いので通常は挿入の際にはほとんど痛みを伴いません。しかし、子宮の形状によってまれに挿入に少し苦労することがあります。


guidekate-teru.jpg


無事にガイドカテーテルが挿入されれば、そこに胚を吸い上げたチューブを通して、子宮の中に胚をそっと届けることができます。胚移植の際は採卵の時と同じように緊張したり不安になったりするかもしれませんが、できればリラックスして、"おかえり"という優しい気持ちで胚(赤ちゃんのもと)を迎えてあげて下さいね。

Tamago Clinic

ART(IVF-ET)経過表

金沢たまごクリニックでは、胚移植が終了してお帰りになる時に、ART(IVF-ET)経過表をお渡ししています。

ART(IVF-ET)経過表は、今回の治療の総括記録です。採乱した卵子の数、媒精方法、受精、分割、あるいは胚盤胞への発育数、移植胚の状態、凍結した場合はどの状態のたまごが何個あるか、などが記録されています。

治療で使用した精子の状態も記載されていて、精子精製の処理前後の液量、精子濃度、運動率がわかります。処理前の正常所見はWHOによると、液量2ml、精子濃度2000万/ml以上、運動率50%以上とされています。これらを満たしていることが望ましいと思われていますが、ARTにおいては、処理後の精子濃度、運動率のほうがより重要になってきます。

精製処理後に、良好な運動精子がどれだけ回収できたかによって、conventional IVF と顕微授精のいずれの媒精方法が良いのか判断されます。

ART(IVF-ET)記録表をご覧になってわかりにくいことがありましたら、気軽にスタッフに尋ねてくださいね。

Tamago Clinic

たまごの凍結保存 (1)

1980年代の凍結受精卵による妊娠例の報告は、生殖補助医療関係者にとって画期的な出来事でした。ただし、当時の成績はまだまだ満足のいくものではありませんでした。20年余にわたる多くの研究者の様々な改良工夫によってその成功率は向上し、たまご(卵子や胚)の凍結保存は、不妊治療戦略の可能性を広げる技術として、生殖補助医療の歴史の中で重要なマイルストーンとなりました。

現在、主流となっている凍結保存法は「超急速ガラス化法(Vitrification法)」と呼ばれるものです。金沢たまごクリニックでもこの方法を用いて大切なたまごを凍結保存しています。凍結の際に、凍結保護剤を凍結保存液に添加していますが、この種類と量のノウハウがたまごの生存性に大きく寄与しています。「超急速ガラス化法」と言う名前は一瞬に室温から摂氏マイナス196度まで冷却されるスピードが由来となっています。凍結されたたまごはほぼ完全に細胞内の分子運動がなく、いわば時間が止まった状態となり、理論的には半永久的に保存が可能であると言われています。

Tamago Clinic

labo report

アーカイブ

金沢たまごクリニック
TEL 076-237-3300
(完全予約制)